>>お得なフェア情報はこちら

それはしちゃダメ!寒い季節に運転する際の注意点や、タイヤパンク時のNG行為を覚えておこう!

 

wincube
wincube

こんにちは! Wincube(車検のコバック小倉南店)です!

冬は、車のトラブルが発生しやすい季節。当店でも、エンジンやタイヤのトラブル相談が増えます。
当店でも駆け込み修理が増える時期ですが、中には、普段から意識しておくことで避けられたトラブルもありました。

 

皆さまが簡単にできる日常の対応と、もしもタイヤがパンクした時に「やらないほうがいいNG行為」をお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

冬に起きるエンジントラブルの原因は?

気温が下がると、「エンジンがかからない」というご相談が増えます。
原因の多くは、バッテリーが上がっていること。バッテリーに十分な電力の蓄えがなくなるとエンジンがかからなくなってしまいます。

バッテリーの電力がなくなると、エンジンを始動させるためのセルモーターの回転が弱くなり、結果的にエンジンがかからなくなるのです。

バッテリー上がりを防ぐには?

バッテリーが上がる理由として注意したいのは、エンジンをかけていない状態でエアコンやライトを長時間使用しないことです。
使用している電力が充電される電力を上回った時に、バッテリー上がりが起こります。

バッテリーの充電は走行時に行われますので、普段から時々長距離を走ることを意識しておくと良いでしょう。

車を長期間放置しないこと

普段はあまり車に乗らない人が、冬になって「寒いから久しぶりに車で行こう」と乗り込んだ途端、バッテリー上がりに遭遇することもあります。

車を長期間動かさないでいると、バッテリーが放電して電力が減ってしまいます。
定期的にエンジンをかけるか、どうしても難しい場合はバッテリーからマイナス端子を抜いておきましょう。

パンクトラブルの対応方法

エンジントラブルと同じくらい困るのが、パンクですね。
特に出かけた先でパンクすると、知らない土地で身動きができず不安ばかりが大きくなります。

いきなりパンクしてしまった時は、どうすれば良いのでしょう?

 

「応急処理剤」を使うのはちょっと待った!

工具箱の中に修理キットとして入っていることが多いです

画像のようなものを見たことはありませんか?
最近では、スペアタイヤの代わりに修理キットを搭載している車が増えています。

これはその中に入っている「タイヤパンク応急処理剤」
パンクした際に使用するようにと説明書に記載されているものです。

が。ちょっと待って!

実はこれ、一度使うとタイヤそのものを交換しなければならなくなるのです。

 

wincube
wincube

なぜなら、タイヤの内部が薬剤によるダメージを受けてしまうから。
ホイールにも薬剤が付着するので、その後の掃除も手間がかかります。

そして、応急修理剤で修理できるのは、釘が刺さった時などの小さな穴に対してのみ。
大きな穴や複数の穴、亀裂などには対応できません。

長距離の走行にも対応できませんから、処理剤を使用したらすぐに一番近くの工場に修理を依頼する必要があります。

もしもJAFやロードサービス付きの保険に加入しているのなら、無理に自分で直そうとせず、ロードサービスに連絡して対応してもらいましょう。

 

普段から空気圧のチェックを

wincube
wincube

道に落ちている釘などは避けようがありませんが、劣化による空気抜けや亀裂のトラブルを防ぐために、普段から空気圧のチェックをしておくことでタイヤの状態を把握しておきましょう。

何度空気を入れてもすぐに抜ける場合は、劣化が進んでいる証拠。早めにタイヤ交換を検討しましょう。

もしもスペアタイヤを積んでいる時は、スペアタイヤの空気圧チェックも忘れずに。いざという時に使える状態をキープしておくことも大切です。

定期点検で安心度アップ

Wincubeにて徹底メンテナンス中!

車の状態は、見ただけでは予測がつかないことがほとんどです。
エンジンをかけようとした時、走り出した時、走っている最中などに突然トラブルが発生して慌てたり途方に暮れたりすることも。

嫌な思いをしないためには、車検だけでなく法定点検をきちんと受けておきましょう。

wincube
wincube

受けなくてもペナルティがないため、スルーしている人も少なくありませんが、プロの目で定期的に車をチェックしてもらい、気になる点などもその場で確認しておくことで安心度は段違いにアップします。

加えて、自分自身でも車を走らせる前にタイヤを触って空気圧をチェックしたり、エンジンをかけた時に警告ランプがついていないかなど、できることは日常的に行っておきましょう。

頼れる整備工場に普段から通っておこう

意外と多いのが、「車の相談をどこにしたら良いのか分からない」という声です。

気軽に車の状態について質問したり、メンテナンスの最新情報を教えてもらったりできる相手がいない人は多いはず。
まずは、車検などの際に気軽に質問できるような、対応の良い整備工場を見つけておきましょう。

整備工場には「認証工場」と「指定工場」の2種類があり、車検に対応できるのは「指定工場」です。

指定工場は検査基準が厳しく、国家資格取得者が在籍しているので確かなチェックを受けることができます。

wincube
wincube

Wincubeは国の「指定整備工場」として、販売前の車はもちろん、販売後の車、他社で購入された車の全てのトラブルに対応しています。

車についてのお困りごとや不安、疑問などがありましたら、お気軽にお尋ねください。

 

[関連記事]
「中古車を販売する前にWincubeでは徹底したメンテナンスを行います! 【徹底メンテナンス】」

中古車を販売する前にWincubeでは徹底したメンテナンスを行います! 【徹底メンテナンス】
中古車の販売は、買い手に損をさせないように丁寧なメンテナンスを行う必要があります。売り切って終わりではなく、購入した後ずっと車の相談に通えるような販売店を目指し、安心して車が買える環境を整えています。
タイトルとURLをコピーしました