>>お得なフェア情報はこちら

中古車の購入方法とは?5パターン解説!【北九州市小倉】

こんにちは。福岡県北九州市小倉南区にある、ミニバン・軽自動車・働く車(商用バン)の専門店、Win cube代表の堀尾です!

初めての中古車購入をご検討中の方の中には、「どんな買い方をしたらいいんだろう?」「どこで買うのが一番お得なんだろう」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

「希望する車をできるだけ安く買いたい」という思いは誰しも抱くものではないでしょうか。

ネットで検索してみても、膨大な量の情報が手に入ってしまって悩むこともありますよね。

今回はそんな悩みの多い「中古車の購入方法」についてお話させていただきます。

もし今、ミニバン・軽自動車・商用バンの中古車をお探しなら、当店の豊富な在庫車情報をご覧ください。

中古車購入の方法5パターン

中古車の購入方法は大まかに分類して5種類あります。

各方法ごとにメリット・デメリット・注意点などもご説明したいと思います。

近隣の中古車販売店で購入する

近隣の中古車販売店で購入する方法は、最も一般的な買い方と言えます。

ネットで中古車を探そうと思うと、グーネットやカーセンサーのページにたどり着くかと思います。

そこで、お住いの地域やほしい車の種類などを入力して検索し目星をつけ、実際に店舗へ足を運び実物の車を確認します。そこから整備の内容や保証の内容・総額などの確認をし、希望と合うようでしたら晴れて契約、ということになります。

(ネットで直接「中古車 福岡県」などと検索し、直接中古車販売店のサイトやブログにアクセスし車を探す方法もあります)

契約から納車までは大体2週間ほどかかるかと思います。

販売店のタイプ

また、近隣の中古車販売店と一言でいっても、その種類は様々です。

  • 整備・保証などが手厚くしっかりとある販売店
  • 整備は簡単なもの(オイル交換など)・保証は無しあるいは制限あり(納車後一か月や1000kmまでなど)の販売店
  • 整備・保証共に一切なしの販売店

大きく分類すると上記の3種類になるかと思います。

メリット

  • 実物を確認できる(販売店によっては試乗も可能)
  • 車内のクリーニング・外装ポリマー加工・整備・保証などの付加サービスがある
  • 購入後も修理・車検など一貫してお任せできる

やはり販売店で購入するメリットといえば「実物を確認できる」というのが大きいのではないでしょうか。細かいところまで確認でき納得した上で購入できるというのは、大きな買い物をする際の安心材料と言えますよね。

また、整備や車検などを行っている販売店だと、購入したあともその店舗にお任せできます。買ったお店(その車のことをわかっているお店)でメンテナンスを受けられるというのも安心できる要素ではないでしょうか。

デメリット

  • 個人売買などと比べると割高
  • 大手販売店でも悪質な売り方をしている店舗は存在する

どうしても個人間の売買よりは値段が高くなってしまうかと思います。その分保証やサービスがあるので、それをどうとらえるかによって見方は変わってくるかと思います。

また、残念なことなのですが悪質な売り方をしている販売店もまだまだ存在します。「大手だから安心」と油断してしまうのは危険かもしれません。

注意すること

上記でも触れましたが、中古車販売業界は残念なことにまだまだ悪質な売り方をしている販売店が存在します。

車に詳しくない方だと、事故歴の有無を見分けたり機関部の調子を見分けたりするのは難しいです。

そんなときに安心して購入できるのが、鑑定書つき中古車(ID車両)です。

一台一台プロの鑑定士が機関面や内装外装について鑑定し鑑定書で証明してくれている中古車というのは、安心して購入できる根拠があるということです。

ですので、企業方針として販売する車に必ず鑑定書をつける(ID車両として販売する)中古車販売店で購入するというのがベストと言えます。

ID車両でないとしても、下記の注意点を確認していただくことで粗悪車をつかまされたり悪徳な販売店の餌食になってしまうことは避けられるかと思います。

1,内外装の状態をよく確認する

内装外装がボロボロの車は、前オーナーが大切に乗っていなかったことを証明しています。ということはメンテナンスも行き届いておらず、機関面もボロボロというケースが多いです。

2,諸経費が相場かどうかを確認する

諸経費は20万円~30万円が相場と言えます。(法定費用+整備費用+保証費用/普通車の場合)安すぎる場合は整備や保証に問題がある可能性がありますし、高すぎる場合は本当は払う必要のない費用が上乗せされている場合があります。

3,在庫車の量と質は必ずしも比例しない

在庫車が豊富なことは良いことばかりとは言えません。多すぎる場合は管理が行き届いていないことがあります。

4,質問しなくても説明してくれるか

販売店のスタッフさんが説明してくれる内容をしっかりと聞くというのは大切なことです。良心的な店舗だと、お客様の方から質問をしなくてもスタッフさんの方から整備の内容や保証の内容が説明されると思います。

5,希望していないオプションはついていないか

悪質な販売方法をとっている店舗では、有料のポリマーや室内クリーニング・よくわからない装備品などの希望していないオプションがしれっと見積もりに含まれている場合があります。

遠方の販売店で通販する

遠方の販売店で車を購入する際は、販売店さんとメールや電話・郵送でやり取りを行い契約を結びます。

中古車というのは手に入れやすいエリア・手に入れにくいエリアというのがあったり、同車種で年式や状態もほぼ同じなのにエリアによって値段に差があったりします。また、その地方特有の車の劣化具合などもあったりして(雪国では除雪剤の影響を受けやすく、下回りの錆腐食が多いなど)他のエリアから車を買いたいというユーザーさんも多くいます。

そういった場合便利なのが通販です。(希望車種が遠方にしかないという場合も多いです)

販売店に連絡 → 詳しい車の写真などをメール等で送ってもらい確認 →           → 整備内容・保証内容・総額を確認 → 契約 → 車庫証明を取得・必要書類を販売店に郵送→  → 銀行振込で料金の支払い → 登録が済み次第陸送で車を届けてもらう

というのが、一般的な通販の流れです。

販売店のタイプ

  • しっかりした整備あり・保証会社と提携した保証(全国のディーラー等で保証を受けられる)がある販売店
  • しっかりした整備あり・店舗独自の保証(遠方のユーザーには対応できない)がある販売店
  • 簡単な整備あり・保証はなしの販売店
  • 整備・保証共に一切なしの販売店

大きく分けると上記の4つになるかと思います。

メリット

  • 店舗に行かず電話のみで購入できる
  • 陸送費込みでも、近隣店舗より安く購入できる場合もある
  • 地域特有の劣化がない地域から購入することができる

在庫が豊富な地域で購入すると、近隣店舗より安く購入できる場合があります。また、地域特有の劣化を避けたい場合、遠方の店舗から購入できるというのはメリットと言えます。

デメリット

  • 実物を確認することができない
  • 陸送費がかかってしまう
  • 店舗独自の保証の場合遠方では効力がなく意味がない

やはり実物を見ることができないというのは一番のネックかもしれません。また、保証が近隣の店舗などで受けられないのは不便だと言えます。

注意すること

大体の注意事項は近隣店舗での購入時と変わりありませんが、実際の車が見られない分、細かく写真などを送ってもらい確認することはとても重要と言えます。また、近隣店舗の際にもご説明しましたが「鑑定書付き(ID車両)」だと安心して購入することができるかと思います。

1,納得するまで確認する

車の状態を直接確認することはできないので、写真などを細かく撮ってもらい確認することはとても大切です。動画などでエンジン音などを確認させてもらえる店舗だと尚良いと言えます。

2,諸経費+陸送費の確認

近隣店舗の際も触れましたが、諸経費が高すぎたり安すぎたりする場合は注意が必要です。諸経費の相場(20万円~30万円)+陸送費が適切な価格設定になっているか確認しましょう。

3,全国対応の保証サービスか

なかなか難しいことかもしれませんが、全国のディーラーや整備工場などと提携している保証を付けている店舗を選ぶのが良いかと思います。

オークション代行で購入する

オークション代行というのは、主に中古車ブローカーが行っている販売方法です。参加資格を持っていないと参加することができない中古車オークションでの入札・落札をユーザーの変わりに行ってくれます。

ユーザー(依頼者)が支払う金額は

  • 落札価格
  • オークション落札料(8千円~2万円)
  • 月割自動車税
  • リサイクル費用
  • 陸送量
  • 代行手数料(落札価格の3%~5%/最低3万円前後~)

上記の合計になります。

整備や室内クリーニング・外装ポリマー等は一切行ってもらえません。機関部のチェックや保証もなく、オークションで落札されたそのままの状態で納車されてきますので、整備が自分で出来る方でないと購入して乗るというのは難しいかと思います。

メリット

  • 中古車販売店より安く買えることもある
  • 妥協することなく希望通りの色・グレード・予算・走行距離の車を買うことができる
  • 正確な内容の出品表を落札前に確認することができる(中古車オークションは信用度の高い企業が運営し社会的な責任も有しています)

オークション代行購入では中古車販売店よりも安く購入できることもあったり、妥協せずに希望の色やグレードのものを手に入れられ正確な出品表を確認できます。これは「自分で整備できるくらい車に詳しい方」にとってはとてもメリットと言えます。

デメリット

  • 内装・外装共に現状のままの引き渡し
  • 整備・保証共に一切なし
  • 落札価格が相場よりも高くなってしまう場合がある

内外装現状引き渡しや整備保証が一切ないなどのデメリットは、車に詳しくない方にとっては「安いから」というのがメリットにならないほどのデメリットだと言えます。

注意すること

1,思っているほど安くない

オークション代行に対して「半額ぐらいで買える」というイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところはそんなことはありません。(保証や整備無しで現状販売している中古車販売店と同じことで、安くなる度合としてはさほど変わりありません)

2,修理費10万円越えはオークション購入の意味がない

同車種・同年式・同コンディションの車なら、整備・保証がしっかりしている中古車販売店で購入する場合とオークション購入の場合の値段の差は、大体10万円前後と言えます。修理費に10万円以上かかってしまう場合はオークション代行を選ぶ理由はないかと思います。

3,車検無しの車を落札した場合プラスの手間と費用が掛かる

車検がついていない車を落札した場合は、自分で陸運局へ行き車検を通さなければなりません。(もちろん整備の手配も自分で行わなければなりません)代行してくれる業者に頼むという手もありますが、法定費用・整備費用・代行費用などの料金が掛かります。万が一、落札した業者の目利きに問題があった場合には、車検整備でかなりの金額が掛かってしまう場合もありますので注意が必要です。

4,代行業者からすれば落札価格は関係ない

オークション代行業者にとっての「利益」について考えるとわかることなのですが、業者側からすると「安く落札する」ということは目的ではないのです。「落札価格の3%~5%の手数料」が業者の利益となる、ということは極端なことを言えば「ユーザーが安く落札できようが高く落札しようが関係ない」ということになるのです。

知人から購入する「個人売買」

車を売りたがっている知人から買い取る「個人売買」の流れは以下のようになります。

知人と連絡を取り合う → 実物の車を確認する → 双方の意見が一致後料金の受け渡し →  → 車庫証明などを取得 → 陸運局で名義変更を行う

※名義変更代行サービスを行っている行政書士事務所などもあります。

メリット

  • 購入方法の中で最も安く買える可能性がある
  • メンテナンス履歴などが詳しくわかる
  • どのような乗り方をしていたかわかる

整備や保証などはないため、車に詳しくて整備などを自分で出来る人にとっては個人売買は価格も抑えられメリットになるのではないかなと思います。

デメリット

  • 内装・外装共に現状引き渡し
  • 整備・保証共に一切なし
  • 友人関係が故に言い出しにくく困ることがある(引き渡し後すぐに故障したとしても、関係が悪くなるのを恐れて言えなくなってしまう等)
  • 双方が車に詳しくない場合、名義変更がスムーズにいかない場合がある(書類の不備などで何度もやり直しをしないといけない等)
  • 故障した場合どこで修理したらいいのかわからない
  • ローンは使えない
  • 力関係が発生すると面倒くさい(先輩後輩間など)

安いというのはメリットですが、個人間のやり取りにはデメリットがつきものです。仲の良い関係だからこそ言い出せずに困ってしまうことや、先輩後輩などの力関係が発生すると「売ってやったのに」や「買ってやったのに」など事あるごとに言われるようになり、嫌な思いをしてしまうこともあるかもしれません。

注意すること

1,名義変更でのトラブル

双方が車に詳しくない場合だと、かなりの確率で名義変更の際に書類不備などで申請のやり直しをしないといけなくなってしまうと言えます。その中でも印鑑登録証明書は、有効期限が3か月以内のものと指定されているので特に注意が必要です。自分の印鑑証明書ならば簡単に取ることができますが、相手の印鑑登録証明書の期限をうっかり過ぎてしまった場合ですと、相手にもう一度お願いして取ってきてもらわないといけなくなります。

2,人間関係のトラブル

本当に偶然納車後すぐに故障してしまった場合、買った方は「故障を知っていて売りつけてきたのでは?」と疑ってしまうこともあると思います。あまり親しくない間柄ですと、特に疑心暗鬼になってしまうものではないでしょうか。個人売買は、本当に信頼できる仲の良い友人同士や親族間で行うのが良いのではないかなと思います。

知らない人との個人売買

知らない人との個人売買とは「ヤフオク」などで車を購入する方法で、手順は以下のようになります。

ヤフオクなどのサイトで気に入った車に入札し落札 →  落札後現車を確認し料金を支払う → → 名義変更の書類を受け取る → 期限内に名義変更をする                 ※現車を確認してから入札することを条件としている出品者もいます。

ヤフオクなどの個人売買は、買う側も売る側も知識がないことが多かったり、知識のない個人を装って粗悪車を売っている悪質な業者もいたりします。

メリット

  • 通常の中古車販売店で購入するよりも少し安く購入できることもある

車に詳しくて整備などを自分で行える方には価格も抑えられメリットになるのかなと思います。

デメリット

  • 走行距離が実走行なのか確かめる方法がない(走行距離改ざん車の出品が多数ある)
  • 修復歴の有無がごまかされている場合がある
  • 整備・保証共に一切なし
  • 双方が車に詳しくない場合、名義変更がスムーズにいかない場合がある(書類の不備などで何度もやり直しをしないといけない等)
  • 故障した場合どこで修理したらいいのかわからない
  • ローンは使えない
  • 料金を支払ったのに納車されず音信不通になってしまうことがある
  • 納車後すぐに故障してしまうことがある

知人との個人売買と同じように、個人間のやり取りにはデメリットが多いです。

注意すること

1,個人を装った業者がいる

非常に残念なことですが、ヤフオクなどの個人間やり取りができるサイトには「個人を装った業者」が出品していることが多々あります。それも、悪質な売り方をしている業者です。

粗悪車や走行距離改ざん車を出品しておいて、バレてしまった場合は「素人だからわからなかった・知らなかった」と白を切る……そのための「個人のフリ」なのです。

こういった走行距離改ざん車や粗悪車を見抜くのは、車に詳しくない方にはとても難しいことだと言えます。

2,名義変更でのトラブル

知人との個人売買でも触れたとおり、双方が車に詳しくない場合は名義変更の際に書類の不備などで申請をやり直さなくてはならない場合があります。

安心度を優先しよう

上記でご説明した5種類の購入方法のうち、結局どれがいいんだろう?と悩まれることもあるかと思います。

車に詳しい方はそれぞれの買い方や実際に購入したい車をトータルで比較しお考え頂くのが良いかと思いますが、車に詳しくない方は「安心度」でお考え頂くのが良いかと思います。

買い方価格安心度買い易さ
近所・遠方/保証・整備ありやや高い
近所・遠方/保証・整備なしやや安い
オークション代行やや安い
知人との個人売買安い△~✖
他人との個人売買安い

 

まとめ

今回は「中古車の買い方5つ」についてお話させていただきました。

中古車を購入する際に大切なのは、その車の状態ももちろんですが「どのお店で買うか」ということです。

優良店を見極めるためのポイントは優良店でミニキャブの中古車を買おうの記事でもご紹介していますので是非ご参考にしてください。(ミニキャブ以外の車種でもご参考になるかと思います)

一番安心・信頼できる方法やお店で車を購入し、素敵なカーライフを送って頂ければ幸いです。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事があなたの車選びに少しでもお役に立てばうれしいです。

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

Win cubeでは、ただ安い車を提供するのではなく、お客様が安心して長く乗っていただけるように最適な車選びをサポートしています。

お車のご相談があればお気軽に無料相談をご利用ください。

もし今、ミニバン・軽自動車・商用バンの中古車をお探しなら、当店の豊富な在庫車情報をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました