>>お得なフェア情報はこちら

セレナ(C25)実際の燃費は?クチコミやハイブリッドとの比較も紹介【北九州市小倉】

こんにちは。福岡県北九州市小倉南区にある、ミニバン・軽自動車・働く車(商用バン)の専門店、Win cube代表の堀尾です!

セレナの中古車購入を検討されている方は「燃費」について気になるところではないでしょうか?

そこで今回は「セレナ(C25)の燃費」についてお話させていただきます。

もし今、セレナの中古車をお探しなら、当店の豊富な在庫車情報をご覧ください。

実際の燃費

◇街乗り 8.0km/L~10.0km/L

◇高速道路 12.0km/L~13.0km/L

◇カタログ燃費 13.2km/L(※10・15モード)

※10・15モードとは10・15モード燃費 10・15モード燃費(じゅう・じゅうごモードねんぴ、テン・フィフティーンモードねんぴ)とは、日本で使われていた自動車の燃費測定方法。 市街地および郊外を想定した状況において、燃料1リットルでの走行距離を測定する。 2011年からは10・15モードに代わり、JC08モードで測定されている。

引用元:Wikipedia

最近のハイブリッド車には劣りますが、2005年~2010年当時のミニバンクラスの中ではトップクラスの燃費と言えます。

「本当にそんなに燃費がいいの?」と思われる方へ、実際にセレナに乗っている方々のクチコミをご紹介いたします。

ユーザーのクチコミ

◆荷物満載状態の街乗りでリッターあたり7~8キロ。車重など考えれば妥当ではなかろうかと?

◆走行条件で雲泥の差ですが、街乗りメインでH29/5/20に12.3を記録

◆割と高速も利用するのでメーター内燃費計は11.0をキープしてます。夏場は落ちますが。

◆街乗り12~3km/h。音を楽しんでると、10km/h前後。高速乗って遠出して15km/h前後。燃費気にして頑張って18km/hいけば良い方。

引用元:みんカラ

走る場所や時間、乗り方や季節なども影響してきますが、平均してみると大体8.6km/Lの燃費というレビューになるのではないでしょうか。

エクストロニックCVT

エンジンとエクストロニックCVTとの組み合わせで、なめらかな加速とシャープなレスポンス、さらに低燃費を実現し「平成22年度燃費基準+5%」を達成しています。

※エクストロニックCVTとは……CVT(Continuously Variable Transmission)は、スムーズで滑らかな変速を行う無段変速システムです。日産自動車は“低燃費” “伸びやかな加速感”といったCVTのメリットに早くから注目し、開発・採用を進めてきました。
効率的で燃費性能に優れるCVTの特徴をさらに伸ばしつつ、力強い加速や走る楽しさを味わわせてくれるのがエクストロニックCVTです。

引用元:XTRONIC CVT  | 日産 | テクノロジー (nissan-global.com)

このように燃費の向上を果たしたセレナですが、フルモデルチェンジ後にハイブリッドモデル(2012年~現在)が誕生します。

「それならハイブリッドの方が燃費がいいんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

もちろん、ハイブリッドの方が低燃費となりますので、今からセレナの中古車購入を検討している方はどちらにしたら良いのかと悩まれているのではないでしょうか。

そこで、3代目セレナ(C25)と6代目セレナハイブリッド(S-HYBRID・e-POWER)の燃費の差を比較してみたいと思います。

ハイブリッドとの比較

 カタログ燃費実燃費
C25(グレード:20S)13.2km/L8.6km/L
S-HYBRID17.2km/L10.7km/L
e-POWER26.2km/L16.2km/L

3代目セレナ(C25)の実燃費8.6km/Lに対して、ハイブリッドは10.7km/L(差:2.1km/L)、e-POWERは16.2km/L(差:7.6km/L)となっています。

「これだけ差があるならハイブリッド車を買った方がお得なのでは?」と思う方も多いと思います。

ですがここで忘れてはいけないことが一つあります!

それは、「そもそもの車両購入価格が全然違う」ということです。購入価格と維持費を合わせたトータルで比較しないと、総合的にどちらの方がコストパフォーマンスが高いのかというのはわかりませんよね。

そこで、3代目セレナと5代目セレナの中古車価格を比較してみたいと思います。

中古車の平均購入価格

 車両本体価格平均
C2550万円
ハイブリッド車(グレード:X)155万円
e-POWER(グレード:X)265万円

中古車価格を比較してみると、ハイブリッド車は105万円・e-POWERだと215万円ほど高いことが分かります。

「それでもやっぱり燃費が良い方がお得なんじゃ?」と思われますよね。

実際にシミュレーションしてみましょう。

トータルでお得なのは?

  • 車両購入価格の差はハイブリッド車:105万円e-POWER:215万円
  • 燃費の差はハイブリッド車:2.1km/Le-POWER7.6km/L

一般的な年間走行距離を1万km/年間とした場合にかかる年間のガソリン代は下記表となります。※リッター160円計算

 年間ガソリン代
C25約179,775円
ハイブリッド車約149,532円
e-POWER約98,765円

このように、ハイブリッド車の方が約30,243円、e-POWERが81,010円安いことが分かります。

ということは、10年乗るとそれぞれ302,430円・810,100円安いということになります。

20年乗れば約60万円と約162万円……

20年乗っても、車両購入価格の差とガソリン代のトータルコストパフォーマンスはC25に軍配があがります。

単純に計算してみるとこのような感じになります。ただ、ハイブリッド車やe-POWERに乗る事自体がステータスや環境への配慮にもなりますよね。見た目も違いますし、新しいモデルにはコスパだけではない満足感を得られるという点があるのも事実です。

お財布にゆとりがある方や、こだわりがある方はハイブリッド車やe-POWERを選ぶのも良いと思います。

燃費をよくするコツ

①ゆるやかにアクセルを踏む

青信号に変わり、発進の際にアクセルを必要以上に踏み込む急発進は燃費を悪くしてしまいます。スピードが乗るまでは、出来る限りゆるやかに踏み込むようにしてみてください。

(※ただし、後続車がいる場合には迷惑にならないようにお気を付けください)

②アクセルから早めに足を離す

走行中に赤信号で何度も停車すると思いますが、先の信号が変わりそうな時やすでに赤になっている場合には、出来るだけ早めにアクセルOFFにして惰性で走るようにしてみてください。

(カーブで曲がる際も、早い段階からアクセルOFFにし減速し曲がるようにするとよ良いと思います。)

アクセルとブレーキをメリハリをつけてt操作をするのではなく、アクセルもブレーキも出来る限り踏まない「惰性で走る」イメージとなります。

難しいかもしれませんが、マスターすると2.0km/L位は伸びるようになるかと思います。

まとめ

  • セレナ(C25)のカタログ燃費は13.2km/L・実燃費は街乗りで8.6km/L、高速道路で12.0km/L
  • ハイブリッド車とe-POWERの実燃費(10.7km/L・16.2km/L)には劣るが、中古車購入価格とガソリン代のトータルコストパフォーマンスで見るとC25の方がお得かと思える。

中古市場では50万円前後で購入できるセレナ(C25)ですが、見た目も古さを感じませんし、燃費も上手に乗れば良い車だと思います。

今回はセレナ(C25)の燃費についてお話させていただきました。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事があなたの車選びに少しでもお役に立てばうれしいです。

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

Win cubeでは、ただ安い車を提供するのではなく、お客様が安心して長く乗っていただけるように最適な車選びをサポートしています。

お車のご相談があればお気軽に無料相談をご利用ください。

もし今、セレナの中古車をお探しなら、当店の豊富な在庫車情報をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました