>>お得なフェア情報はこちら

ミニキャブ(DS17V)のグレードとは?【北九州市小倉】

こんにちは。福岡県北九州市小倉南区にある、ミニバン・軽自動車・働く車(商用バン)の専門店、Win cube代表の堀尾です!

エブリイバンのOEM車であるミニキャブには、数種類のグレードが存在します。

そこで今回は「ミニキャブ(DS17V)のグレード」についてお話させていただきます。

もし今、ミニキャブバンの中古車をお探しなら、当店の豊富な在庫車情報をご覧ください。

4種類のグレード

ミニキャブには4種類のグレードが存在します。(2019年7月のマイナーチェンジ時に3種類になりました)

今回はその4種類をご紹介したいと思います。

M

全グレード中もっともお手頃価格なベーシックグレードです。(エブリイバングレードPA)

カラーはホワイトとシルキーシルバーメタリックの2色。

シート生地はビニールレザー・フロアカーペットはビニールです。

タコメーターやUSB電源ソケットはありませんが、AM/FMラジオ(スピーカー内蔵)が装備されています。

フルモデルチェンジ当初は5AMTと5MTのみでしたが、2017年5月に新たに4ATが設定され、5MT・5AMT・4ATと3種類のマニュアルから選ぶことができます。(5MT・5AMTは現在はMにしか設定されていません

5AMTには2015年12月にヒルスタートアシストEBD付ABSが標準装備、2016年3月には2速発進モードも追加されました。

ヒルスタートアシスト・・・坂道発進補助                    EBD付ABS・・・EBD→前後左右のブレーキバランスを自動調整する ABS→急制動時にタイヤがロックするのを防ぐ(ブレーキを強く踏むことで作動)EBD付ABSとされるのは、ABSの油圧制御装置を利用して作動しているから                2速発進モード・・・荷物を積んでいない時や、荷物が軽い時に発進がスムーズに行えるモード

現行モデル(2021年9月発売モデル)には4ATにもヒルスタートアシストが標準装備されていて、ASC(アクティブスタビリティコントロール)やオートライトコントロールやプライバシーガラスも標準装備となっています。

ASC・・・ABSを利用して、コーナリング時に車両が外側に膨らんだりスピンするのを防ぐ横滑り防止機構装置

※現在ポピュラーになっている運転支援機能である「e-Assist」はフルモデルチェンジ時から現在まで非設定となっています。

G

Mの上のグレードです。(エブリイバングレードPC)

カラーはホワイトとシルキーシルバーメタリックの2色。

シート生地はファブリック、フロアカーペットはビニールです。

タコメーターやUSB電源ソケットを備えています。(USB電源ソケットは2021年9月発売の現行モデルより装備)

フルモデルチェンジ時は5AMTのみでしたが、2017年5月に4ATが設定され2種類のマニュアルから選ぶことができました。ですが2019年7月のマイナーチェンジ時に5AMTの設定が消滅し、現在は4ATのみの設定となっています

2015年12月発売モデルよりヒルスタートアシストEBD付ABSが標準装備、2016年3月には2速発進モードが追加されました。

2019年7月発売モデルよりASCe-Assistが搭載。(誤発進抑制機能が後退時にも対応できるようになり、後退時ブレーキサポート・ふらつき警報機能・車線逸脱警報機能・先行車発進お知らせ機能・ハイビームアシストも追加)

ブラボー・ブラボーターボ

ブラボー

(エブリイバングレードJOIN)

カラーはホワイトとシルキーシルバーメタリック、ブルーイッシュブラックパールの3色。

2019年7月のマイナーチェンジ時に消滅したグレードです。発売当初は5AMTのみでしたが、2017年5月のマイナーチェンジ時に5AMTが廃止、代わりに4ATが設定されました。

2016年3月モデルから2速発進モードが追加、2017年5月の5AMT廃止と共にヒルスタートアシストも廃止されました。(2017年5月発売モデルよりセンターアームレストが追加)

ブラボーターボ

(エブリイバングレードJOINターボ)

カラーはホワイトとシルキーシルバーメタリック、ブルーイッシュブラックパールの3色。

シート地はファブリック、フロアカーペットはニードルパンチです。

USB電源ソケットや、タウンボックスと同じデザインのメッキフロントガーニッシュを装備しています。(どちらも2021年9月発売の現行モデルより)

発売当初より4AT専用グレードで、「e-Assist」「ASC」「エマージェンシーストップシグナルシステム」を標準装備していました。(三菱から発売された商用車では初めて)

エマージェンシーストップシグナル・・・走行中に急ブレーキをかけるとブレーキランプやハザードランプが自動で点滅するシステム。後続車両から追突される危険を軽減させる。

2019年7月発売モデルよりヒルスタートアシストを標準装備したほか、「e-Assist」が改良され誤発進抑制機能が後退時にも対応できるようになりました。(後退時ブレーキサポート・ふらつき警報機能・車線逸脱警報機能・先行車発進お知らせ機能・ハイビームアシストも追加)

ミニキャブバンの魅力

ミニキャブバンの魅力はなんと言っても荷室の広さです。

軽キャブバントップクラスの荷室寸法を誇っていて、お仕事にも趣味にも使える多様な車というのが売りかと思います。

荷室の広さについては、ミニキャブの荷室の広さはどれくらい?の記事でご紹介していますのでぜひご参考にしてください。

まとめ

今回は「ミニキャブ(DS17V)のグレード」についてお話させていただきました。

マイナーチェンジでも機能や仕様に変更があるので、中古車を買う際にはその点にも注意していただければ幸いです。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事があなたの車選びに少しでもお役に立てばうれしいです。

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

Win cubeでは、ただ安い車を提供するのではなく、お客様が安心して長く乗っていただけるように最適な車選びをサポートしています。

お車のご相談があればお気軽に無料相談をご利用ください。

もし今、ミニキャブの中古車をお探しなら、当店の豊富な在庫車情報をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました