>>お得なフェア情報はこちら

【メリット】北九州市で雨の日に中古車を見に行く?【デメリット】

こんにちは。福岡県北九州市小倉南区にある、ミニバン・軽自動車・働く車(商用バン)の専門店、Win cube代表の堀尾です!

ネットでほしい車の目星もつけ、いざ中古車販売店に実車を見に行こうとしたら雨……。

「雨の日に見に行くのは嫌だなあ」と思う方が多いのではないでしょうか。

中古車販売店の多くが屋外に車を展示しているため、雨の日に見に行くのは億劫に感じてしまいますよね。「どうせ細かく見られないだろうし」なんて思いもあるかと思います。

ですが実は、雨の日だからこそ分かる車の状態というのもたくさんあります。

そこで今回は「雨の日に中古車を見に行く」ということについてメリットだけでなくデメリットもお話させていただきます。

もし今、ミニバン・軽自動車・商用バンをお探しなら、当店の豊富な在庫車情報をご覧ください。

雨の日に見に行くデメリット

ボディの傷や凹みが分かりにくい

中古車を実際に見に行くときに気になるのは、ボディの傷や凹みではないでしょうか。

雨の日に傷や凹みを判別するのは、正直プロでもとても難しいことだと言えます。

パッと見た感じ(水滴による光の反射などで)傷凹みもなく綺麗な状態に見えてしまうので、後々「こんな傷あったかな?」とならないように注意が必要です。

ボディの色褪せなどがわかりにくい

傷や凹みと同じように、色褪せや艶の状態などもわかりにくいです。

本来、販売店側は車のボディの状態を一台一台しっかりと把握しているものです。ですので、お店の人にボディの状態を訪ねてみると良いかと思います。

大体の店員さんは傷や凹み・色褪せなどについて教えてくれるはずです。(隠そうとする業者もいるかもしれません。その販売店・店員さんが信用できるかどうかしっかり見極める必要があります)

フロントガラスのひびがわかりにくい

フロントガラスが濡れていると、ひび割れを確認するのは難しいと言えます。

小さな傷なら大丈夫ですが、中には大きなひび割れが入っている場合もあります。

フロントガラスの状態を確認したい場合は、ワイパーを動かして水滴をふき取ってもらいましょう。(ワイパー範囲のみですが、ガラスの傷チェックはできるかと思います)

マフラーからの煙が「白煙」なのかわかりにくい

通常、マフラーから出る煙を見るとエンジンの良し悪しを判断することができます。ですが、雨の日になると水蒸気が多めに出てしまうため、エンジンの良し悪しを判断しにくくなります。(白煙が多く出ているエンジンは不具合がある場合があるのですが、雨の日だと多めに出てしまうので不具合があるのか判断しにくいです)

出ている煙が水蒸気か白煙かを判断するには「すぐ消える煙なら水蒸気・いつまでも残る煙なら白煙」という見分け方ができます。

エアコンの効き具合がわかりにくい

雨の日はいつもより気温が下がってしまい、エアコンの効き具合が分かりにくいと言えます。

また、雨に濡れた手をエアコンから出る風に当てるとそれだけでひんやりと感じてしまいますよね。実際には冷えていないのに、雨が手伝って冷えているように勘違いしてしまうので注意が必要です。

この場合はエアコンのスイッチをON⇔OFFして、コンプレッサーがきちんと動作しているかを確認しましょう。コンプレッサーがONになるとエンジンの回転数が上がります。

雨の日に見に行くメリット

ワックスやコーティングが確認できる

ボディの雨の弾き具合で、ワックスやコーティングの状態を確認することができます。

雨が降って車全体が濡れていると、どれぐらい水を弾くのかが一目でわかりますよね。

雨が粒状で弾かれておらずぺったりと伸びて濡れている場合は、コーティングが不十分で雨を弾かないことが見て取れます。

ボディだけでなく、フロントガラスの雨の弾き方も確認しておきましょう。(できるだけ弾いている車を選ぶのがよいです)

異音がしないか確認できる

パワースライドドアやパワーウィンドウの開閉時に変な音がしないかを確認することができます。

雨が降っていると、パワーウィンドウやパワースライドドア開閉時に異音がする場合があります。(「キー」という音)

水や湿気が原因ですが、これは晴れの日に見に行ってもわからない部分なので、雨の日に見に行く利点かといえます。

エンジンベルトの音を確認できる

雨の日にエンジンルームから「キュルキュル」「キュキュ」等の音が鳴ることがあります。

これもパワースライドドアやパワーウィンドウと同様に水や湿気が原因のため、晴れの日に車を見に行ってもなかなかわかりにくい点といえます。

雨の日はチェックするのにうってつけの日です。

番外編?:来客が少ない

雨の日は、一般的にお客さんが少なくお店が空いている場合が多いです。(※販売店さんにもよりますが)

混んでいるとなかなかじっくり対応してもらうのも難しく、「もっと相談したかったな」という思いを抱いた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

雨の日であればお客さんも少なく、じっくり対応してもらえ、満足いく相談ができるかと思います。

まとめ

今回は「雨の日に車を見に行く」ということについてお話させていただきました。

コーティングやエンジンベルト・パワーウィンドウの異音など、雨の日だからこそ分かる車の状態もあります。

もし中古車を見に行く予定の日に雨が降っていても「やめようかな」と落ち込まないでください!

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事があなたの車選びに少しでもお役に立てばうれしいです。

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

Win cubeでは、ただ安い車を提供するのではなく、お客様が安心して長く乗っていただけるように最適な車選びをサポートしています。

もし今、ミニバン・軽自動車・商用バンをお探しなら、当店の豊富な在庫車情報をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました