>>お得なフェア情報はこちら

北九州市の車屋のプロが教える!マイカーリースのメリット・デメリットを解説!【クルマのサブスク】

マイカーリースのメリデメ

こんにちは。福岡県北九州市小倉南区にある、Win cube代表の堀尾です!

車を購入したいと思ったとき色々な方法を考えると思いますが、「マイカーリース」もそのうちの一つ。現代の新しい「車の乗り方」として話題も多くなってきました。車のどんな購入方法を選んでも、それぞれ必ずメリットとデメリットがあるものです。今回は「マイカーリース」で検討されている方々へ 「マイカーリース」の知られていないメリット・デメリット(ほとんどの会社が説明していない)について解説していきます。

当店でもマイカーリースのご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

▲ マイカーリースのお問い合わせはコチラ

マイカーリースって??

マイカーリースとは車を借りると言う事にほぼ近いサービスです。契約者は自分で選んだ車をリース会社(販売店)が購入して車に乗ることができます。

マイカーリースが便利でお得と言われていますが・・・「何故??」と思われる方は多いかもしれません。その理由は「残価設定」=「契約満了時の見込み買取金額」にあります。         マイカーリースでは予めこの契約満了時の残価設定する販売店が多いです。支払い総額からこの残価を差し引いた金額を契約月数に割って月々お支払いすることで新車に乗ることが出来るのです。

新車価格(支払い総額)が200万円でリース期間終了時に40万の下取り価格が付くとするなら、「200万円-40万円」=160万円で乗り出せる。またこの支払の中には、車検代・オイル交換・自賠責・重量税・毎年の自動車税も入っている。

マイカーリースのメリット

それではここからはマイカーリースのメリットについて解説していきます。

頭金0・貯金0円でも新車に乗れる

マイカーリースは車を購入するときにかかる、頭金が必要ありません。 新車が欲しいと思っても頭金などの初期費用をなかなか貯めれないので、見送りにする方は多いと思います。マイカーリースなら、頭金やボーナス払いの設定もなく、契約月から月々定額料金で新車に乗ることが出来ます

また、月々定額に含まれているのはお車の登録費用、車検代、自動車税、自賠責保険、重量税の料金なども含まれています。車の維持にかかる出費についてもほとんど不安が無く、契約時に提示された金額から上がることもありません

さらに、メンテナンスが含まれています。販売店によって大きく異なりますが、車検基本料金、オイル交換(契約満期まで)が基本的に多いですね。またメンテナンスプランに加入すればタイヤやバッテリー、ブレーキパットなどの消耗品でさえも月々の定額料金の中に含むことが出来ます。 つまり、メンテナンスが含まれるプランに加入することで車にかかる費用を全て定額料金でまとめることが出来きます。ただ注意すべきことは月々が高くなってしまうケースもありますので契約前に販売店と打ち合わせしてご自分の予算と照らし合わせる必要があります。

月々定額なので家計のやりくりが楽

マイカーリースであれば、毎月支払う金額は契約時に決められた月々定額料金のみです。 頭金もかからず、車検やオイル交換などのメンテナンスも月々定額料金に含まれているので、車検が近づいた時に「お金貯めなきゃ!」などやりくりを考える必要はありません。 月々定額なので必要な金額がすでにわかっており、家計の管理が楽になります。

残価設定しているので月々が安い

マイカーリースの一番の特徴は月々の支払いを安く抑えられる理由の一つに「残価設定」というものがあります。 「残価」というのは「契約満了時の買取予想価格」です。「残価設定」とはリース契約時にこの残存価格をあらかじめ設定しておくということになります。 マイカーリース契約のほとんどの方は「販売店に返却」する仕組みなので、返却時に残っているとされる金額は払わなくて良いという事です

月々の料金はこの残価設定をして支払い総額から引くことで算出されるので、月々の定額料金をお値打ちな価格で提供し、お客様の支払い負担を減らすことが出来るのです。 

マイカーリースのデメリット

それではここからは皆さんからよく言われるメリットはわかったんだけど・・・・

一番知りたいのは「デメリット」ですよね。包み隠さず解説していきます。

中途解約について

中途解約についてはマイカーリースの中でも一番の「デメリット」です。

中途解約についいぇは二通りありますので、それぞれ説明します。

  • 車の使用状況がかわり、車を手放したい
  • 事故などのアクシデントで車が廃車

車の状況がかわり、車を手放したい

マイカーリースは契約した車のリース料金を月々定額で支払い、また契約期間中まで乗るというのが前提となっています。

こちらについては解約金と言われる販売店もありますし、「途中解約できない!」なんていう販売店も多々あります。

本当のところは途中解約は出来ます!!ただその時に手出しが発生してしまうなんて事もあります。

この場合の算出方法ですが、

月々支払い金額 ✖ 残りの支払い回数 + 残価設定金額 - 未経過分諸費用・税金・メンテ代

が途中解約にかかる金額です。ここからが重要です。

これも販売店にもよりますが、買取が強い販売店であれば先ほどの金額に

現在の買取金額を算出して差額が発生するかどうかを見てくれます。

場合にもよりますが、手出しがないケースもありますし、大きな出費になるケースもあります。

事故などのアクシデントで車が廃車

思わぬ事故などのアクシデントや最近では自然災害などで車が廃車になってしまうケースもあります。

全損事故が発生した場合に高額な中途解約金が発生してしまうこともあります。全損になると契約した車が乗れなくなるので、リースの契約は終了となる上に中途解約金まで支払わなくてはなりません。

このケースに関しては、自動車保険でこのリスク回避することができます。

まずは新車ですので車両保険に加入することをおすすめしています。また国内損保3社のみですが、「リース特約」をつける事、もしくは「車両全損時倍額払い特約」という保険を付帯いただければ安心できます。

走行距離が決められている

マイカーリースに関しての走行距離は、各リース会社によって大きく異なりますがマイカーリースの多くは月750~1000キロほどになります。1年間で言いますと9000~10,000キロとなります。仮に7年間の契約期間だと63,000~70,000キロとなります。買い物や通勤など日常的な乗り方であれば十分な距離設定だと思いますが、、、、契約時に設定された走行距離は途中で変更が出来ません。

走行距離に関してなぜ設定されてあるのか?というと、残価設定=買取予想価格に大きく響いてくるからなんです。ただ月々の走行距離をリース会社などがチェックするわけではありません。あくまでも契約満了時の合計走行距離なので旅行やドライブ、仕事の都合である月だけ走行距離が伸びたとしてもすぐに超過したということではありません。

販売店に返却する際、キズなどの「原状回復」追加料金も発生

不動産の賃貸契約のように、リース販売店へ返却する際は元の状態に戻さないといけません。もし大きなキズなどがあった場合は追加料金になることも多いです。

またオイル交換などのメンテナンスを怠っていると、エンジンなどに故障がみつかり修理費用がかかる場合もあります。

販売店によって本当に様々ですが、メンテナンスの案内をしっかりしてるですとかメンテナンスで入庫しているときにキズの具合などをみて修理が必要かどうかの判断をしてくれるなど選ぶときに一番重要な点です。

マイカーリースで失敗しないためには?

マイカーリースのメリットとデメリットについてはご紹介させていただきましたが、次にリースで失敗しないためには重要な点を押さえておくことがとても大切です。これから検討される方、ご契約される方には下記の点に気を付けてください。

契約前に使用状況や内容をチェック

契約する前に走行距離や残価設定、メンテナンスの内容などをしっかりと確認してください。

また走行距離が超過した場合や残価にひびくキズの具合、契約満了時に追加料金が発生することなど細かく販売店に確認することが重要です。

ほかにも相談したいときや非常時の連絡先でしたり、メンテナンス工場の有無リース販売店の会社概要なども契約前にとても重要だと言えます。

契約期間をよく考える

契約期間に関しては途中変更することは出来ません。特に長期期間の契約になると中途解約になる可能性が本当にないのか?十分に検討しておいた方がよいです。

転勤、遠方へ転居、車を使わなくなった等々、契約してからでは負担になってしまうこともあるので契約しても問題のない期間を選択することが大切です。

任意保険の内容を知っておく

マイカーリースの契約でよく勘違いしてしまうのは自動車保険まで月々払いに組み込まれていと思っている方がいます。自賠責保険は月々の支払いに入っていますが、任意保険は別です。

ですので月々の予算は、この任意保険までを含めて検討すべきです。

特にマイカーリースは新車なので、車両保険の加入をすすめています。今まで車両保険に入ってなかったとか、契約者だけが運転する車なのかとか今までの任意保険と違うケースもあります。

必ず契約前には車両保険をつけ、運転者の範囲を決め、その他保険の範囲を使用状況に応じて設定し見積りを出してリース料を含めて自分の月々の予算で乗れるのかを試算すべきです。

まとめ

以上がマイカーリースのメリット、デメリットです。

何度もお伝えしますが、マイカーリースは本当に販売店によって様々です。このようにメリットだけは伝えるがデメリットはハッキリ言わない販売店は多いと聞きます。

当社でもマイカーリースの取り扱いはしております。メリット・デメリットを契約前に伝えることはもちろんの事ですが契約者の使用状況や使用目的、なぜ車が必要なのかなどヒアリングした上で契約するようにしています。

もっと詳しく聞きたい方やマイカーリースを検討されている方、残価設定ローンとの違いなどについて丁寧に説明いたしますのでお気軽にお問合せください。

今回の記事があなたのクルマ選びに少しでもお役に立てばうれしいです。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

マイカーリースのお問い合わせはコチラ

コメント

  1. […] またマイカーリースのメリット・デメリットの解説【クルマのサブスク】について詳しく解説しています。 […]

タイトルとURLをコピーしました